逆援助交際って本当にあるの?
以前、援助交際、略して援交が流行ったことがありました。

字面だけを見ていると何だかよくわかるようなわからないような言葉ですが、要は女性とセックスをしてその代償としてお金を支払う昔ながらの売春と同じ行為なのです。
そして援交の相手を見つけるために利用されたのが出会い系サイトでした。

出会い系は不特定多数の人とコミュニケーションが取れるツールとして多くの人が新しい出会いを得るために利用していますが、その利点を使って援交相手を募集していたのです。

援交に注意

しかし援交という名前の買春行為が広く行なわれていただけでなく、実際に行なっていた多くが女子高生さらには女子中学生というショッキングな点が大きな社会問題となりました。
それを受けてその後法改正や規制などが行われ、現在18歳未満の出会い系サイトの使用は禁止されています。

それでも援交をする女性がいなくなることはなく今でも少なくない女性が行なっていますし、18歳未満の使用が禁止されているにもかかわらず年齢を詐称したりして女子高生や女子中学生が出会い系で援交相手を探している現実があります。
したがって出会い系を利用する際にはいろいろなトラブルに気を付ける必要がありますが、そのような点にも注意しなければならないのです。

もし18歳未満の女性と関係を持ってしまったなら、青少年育成保護条例に違反して罪に問われることとなってしまいます。
結婚している人なら家庭崩壊や離婚、未婚者でも社会的に大きなダメージを負うこととなるでしょう。
興味本位やその場の欲望だけで手を出すには、あまりにも代償が大きいことをしっかり認識する必要があると心得ましょう。

逆援助は都市伝説?

ところで、逆援助交際という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。
これは援交の逆、つまり女性がお金を支払って男性とセックスをするというものです。

普通に生活している中で、恋人や妻でもない女性とセックスをするなんて機会はほとんどありませんよね。
風俗といったものに行けば可能ですが、それにはお金が掛かります。
ところが逆援助なら、セックスがタダでできるだけでなくお金まで貰えるというのですから、まさに夢のようなものといえるでしょう。

でも男性にとって非常に都合のよい、いや良過ぎる逆援交なんてものは実際にあり得るのでしょうか。
「そんなの世の中の男性の希望が作り上げた都市伝説じゃないの?」そう思う人がいても不思議はないでしょう。
しかし、実は実際に存在しているのです。

逆援助をする女性

逆援助は景気の悪さから夜の商売があがったりになったホストが収入を得るためにセフレになったのが始まりといわれています。
それを知った一般男性が、「お金も払わないどころか逆に貰えるの?」と興味を抱いたというわけです。

ただ、ホストは店の客やその関係で相手を見つけますが、一般男性はそうはいきません。
そこで利用するのが、出会い系サイトというわけです。
不特定多数の人とのコミュニケーションの場といえば出会い系ですから、逆援助を求める書き込みを掲示板にすれば相手が見つかるというわけです。

でも、逆援助を申し込む男性って案外多くないようです。
前述したように男性の夢であるはずですが、実際には「女性の性の奴隷」といったイメージを持つ人が多いからと推測できます。

淫乱な女性に何度も求められたり、SMクラブのように鞭やろうそくで痛めつけられるというふうに考えるのかもしれません。
けれども、実際には精力絶倫な男性でなくても大丈夫ですし、SMのように責められることもほとんどないのです。
逆援助をする女性はみんな淫乱で好きモノというイメージを持っている人が多いようですが、彼女たちが男性に求めているのは実は「安らぎ」や「癒し」なのです。

逆援助では女性が男性にお金を払うわけですが、そのためにはある程度の経済的余裕が必要です。
人によっては一回のデートで10万円くらいを支払うこともあるというほど、つまり逆援助をする多くはセレブ女性や女性経営者などなのです。

そんな女性は日頃からさまざまなストレスを抱えています。
それを発散させるために逆援助を行なうのです。
もちろんセックスでストレスを解消させることもありますが、男性が優しく接してくれることで安らぎ癒されるのを求めているのです。

普通に出会い系を利用しても男性と出会うことはできるでしょう。
けれども、自分の好みの男性と出会える確率はまったく未知数です。
彼女たちはお金を出してでも自分の希望する男性と出会いたいのです。
だから逆援助をする女性の要求は厳しいものがありますが、それさえクリアすれば非常にコスパの高い「仕事」といえるでしょう。